ニキビの跡を残さない

メイク道具

ニキビの赤みは傷を治すために毛細血管が増えたり、拡張したりして生じています。そのため、赤みのあるニキビ跡は、ある程度の日数が経過することで自然に薄くなっていく場合も多いです。しかし、赤みがある状態で無防備に紫外線にあたってしまうと茶色のしみになってしまう事があります。炎症後色素沈着と呼ばれるしみの状態になってしまうと消えにくいニキビ跡に変わってしまいます。そうならないためには、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が大切になります。ニキビ跡を残さないためには、あまり触らないほうが良いのですが、適切な対策はしたほうが良いです。 赤みは比較的消しやすく、セルフケアで改善しやすいタイプのニキビ跡です。肌の新陳代謝を促進することで治していくことができますので、しっかり睡眠をとり、保湿を心がけ、ビタミンCを意識的に摂取するなどの工夫をするとよいです。

赤みのあるニキビ跡を治すトレンドとしては、ホワイトニング用の化粧品を使うという方法があります。赤みのあるニキビ跡を治していくためには、殺菌剤などの入っているニキビ用の化粧品ではなく、保湿がしっかりできて新陳代謝を促してくれるようなタイプの化粧品が向いています。アンチエイジング化粧品のように肌の新陳代謝を促してくれる化粧品のほうが向いていますので、選び方を間違えないほうが良いです。ピーリングなども効果が期待できますが、刺激しすぎるのは逆効果です。赤みのあるニキビ跡は比較的治しやすいですから、焦らずにケアをしましょう。治りやすいといっても刺激しすぎたりするのはよくありません。また、紫外線対策もキチンと行い、色素沈着を起こさないようにしましょう。